融資する前に審査基準をチェック

男の子

娯楽が理由で落ちたりしない

学生ローンの使い道は基本自由なので、娯楽のために審査をする学生が非常に多いです。その一方で、学資目的であることを伝えたために、請求書の提示を求められたなどの経験者もいます。下手に伝えず、正直に利用目的を言った方が無難でしょう。

ギャンブルはNG

ほとんどの学生が、アイテムの購入や旅行といった娯楽費用を求めて審査をしますが、中にはギャンブルで使い果たしたことで返済ができなくなり、結局両親や身内が立て替えたなど事例もあります。大阪に限らず、どこの金融会社もギャンブル目的の融資は一切行っていません。

金利が安くなる

娯楽費用ではなく、学費を建て替えるためにローンの審査を行う学生もいます。メリットとしては、普通のローンよりも金利が劇的に安くなることです。また、真面目な理由であるため審査も突破しやすいでしょう。請求書が求められる点はネックですが、本当にそれが理由なら問題ありません。

収入があれば大丈夫

学生ローンの特徴は、収入証明書の提出がないことなので審査をする人の中には収入額を多めに申告する学生がちらほらいます。あまり好ましいやり方ではありませんが、単発や短期バイトでも安定した収入があれば審査基準をクリアできます。

ハキハキと答える

ネットや電話での審査で融資を行うかどうかを決めますが、主に電話が中心になります。本人の番号で合っているかの確認が目的ですが、初めての場合はいろいろと質問されるので変に誤魔化さずハキハキと正直に答えましょう。

広告募集中